熟成たれで育てる 『自家製チャーシュー』

b0212793_1144521.jpg


家でラーメンを作ることがあるため、定期的にチャーシューを煮ています。
タレを冷凍しておけばいつでも継ぎ足しながら簡単に作れる。
(タレも余ったら炒め物や煮物にも使えるし、とても便利です。)

この日の夕食は、自家製チャーシュー、きゅうりとちくわのナムル、
キャベツナコーン炒め、タコのマリネ、明太ポテトサラダ、
具沢山味噌汁、玄米。

本当は動物性が多い時は玄米でなく白米の方が陰性で良いのですが、
今日は玄米しかなかったので、陰性寄りにするため柔らかめにあっさり炊きました。

ではチャーシューの作り方を。
材料:
豚バラ肉(ロースでも) 500gくらい
醤油 1cup
みりん 1cup
酒 100cc
生姜 ひとかけ
ネギの青い部分 1本分

b0212793_1261930.png

1、豚バラ肉以外の材料を鍋に入れて火にかけておく。

b0212793_1264320.png

2、その間に豚バラ肉をフライパンで焼く。焼き目がつけばOK。
紐でしばってもしばらなくてもどっちでも大丈夫です。

b0212793_126586.png

3、焼けた2を沸騰した1に入れて落としぶたをして45分煮たら、
火を止めてそのまま冷めるまで放置。(ここで柔らかくなります)
4、取り出して切り分けて出来上がり♪

うちではタレを多目的で使うため、八角は普段入れませんが
オーブン漬け焼きの時は入れます。それもまた美味しいです!

5、このあとのタレはねぎと生姜を取り除いてタッパーに入れて、
冷めたら冷蔵庫へ。翌日浮いた白い油の固まりを取り除いたら冷凍♪
(この白い油はラードですので他の料理に使い場合は旨味になります。
(うちは使わずなるべく植物性の油にしてます))

次回から、「タレが肉に対して少ない?」と思ったら
醤油とみりんを同量(お好みで醤油とみりんと酒でも)足して下さい。
生姜と青ネギも毎回入れて作ると旨味が増していきます。

タレを冷凍しておくと使いたい時いつでも使えます。
(解凍はタッパーを常温放置30分後、鍋にひっくり返せば
ボトンと落ちるくらいになるので、そのまま火にかければOK。)
とても便利なのでぜひお試しください♪
[PR]
by vegangoody | 2012-04-17 12:07 | 肉食 家ごはんレシピ


音楽制作、翻訳、ライター、子育て、マクロビオティックの酵母パンと料理の教室『VeganGoody(育休中)』。基本ベジタリアン。肉好きの家族と暮らし、菜食肉食両立ごはんを作っています。卵乳なしのパンとおかし、子供のアレルギー対応給食弁当、ベジタリアン食べ歩きの記録。


by vegangoody

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

メモ帳

カテゴリ

ごあいさつ
アレルギー外食情報
酵母パンいろいろ
菜食&肉食の同時時短レシピ
肉食 家ごはんレシピ
マクロビオティック レシピ
家ごはん記録
娘弁当記録
おやつ
お知らせと報告(休止中)
学び(2013年からの)
連載・掲載記事
すきなもの べんりもの

最新の記事

小学一年生の遠足弁当
at 2014-10-30 17:04
エキサイトママ寄稿『赤ちゃん..
at 2014-07-16 10:02
メキシカンふたたび
at 2014-07-09 09:18
ビタントニオプレート収納
at 2014-07-08 09:27
キューブ型ミニ食で ハニーバ..
at 2014-07-08 09:25

以前の記事

2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
more...

タグ

ライフログ

その他のジャンル

画像一覧